<news>

Sara Watkins, Sarah Jarosz, and Aoife O'DonovanのI'm With Her来日公演10/24,25恵比寿、10/26大阪、10/28東京

◆究極アクースティック グルーヴTARO&JORDANの秋公演(9/15・9/17)決定!

◆Appalachian Voice 7/25(土)代官山・7/26(日)鎌倉で開催決定

◆アパラチアを歌う3人Sara Watkins, Sarah Jarosz, and Aoife O'Donovanの10月24日,25日Peter Barakan's LIVE MAGIC!出演決定!

◆5/17(日) 18:00-20:00放送Inter FM【Barakan Beat】にてTARO&JORDANの曲がかかります!

5/7(木) 21:00-22:00放送FM COCOLOの【GO GO ゴンチチ】にてTARO&JORDANのshoshin -初心- 紹介頂きました


《I'm With Her Japan Tour》 

 Sara Watkins, Sarah Jarosz,and Aoife O'Donovan

Oct. 24 / Oct. 25

Peter Barakan's LIVE MAGIC!出演
http://livemagic.jp

 

Oct. 26

Osaka Club Quattro LIVE MAGIC EXTRA!
http://www.club-quattro.com/umeda/schedule/detail.php

 

Oct. 28

Blue Note Tokyo
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/imwithher/


《archives》

TARO&JORDAN 秋2015

アメリカのルーツ・ミュージックも世代交代をしています。
これまでの伝統的な部分をしっかりとマスターした上で今の感覚を取り入れた若いプレイヤーが次々と頭角を現しています。
そんな中で、ブルーグラスを出発点にマンドリン奏者として引っ張りだこになりつつある井上太郎と、パンクに近い勢いを持ったアイリッシュ系のギタリスト、ジョーダン・マコネルのデュオはあっという間にどんどん力をつけてきて、実に息の合った刺激的な演奏をしています。
<ピーター・バラカン>

////////////////////////////
TARO&JORDAN 秋2015

9月15日(火) 金沢 もっきりや
開場 19:00 / 開演 19:30
前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000 *1 drink別途要
|チケット|
◆メール予約 mokkiriya@spacelan.ne.jp
◆076-231-0096 (もっきりや)
金沢市柿木畠3-6

9月17日(木) 渋谷 7th FLOOR
開場 19:00 / 開演 19:30
前売 ¥4,000 / 当日 ¥ 4,500 *1 drink別途要
|チケット|
◆e-plus: http://eplus.jp/tj2015/ (PC・携帯・スマホ)

先行販売:8/7(金) 21:00~8/13(木) 18:00
一般販売:8/22(土) 10:00~
※e+先行でチケットご購入のお客様が先の入場となります
◆店頭予約 tel: 03-3462-4466 (7thFLOOR ※15:00〜20:00)
渋谷区円山町2-3 O-WESTビル7F

www.ann-grassroots.com
/////////////////////////////

このめくるめく弦の嵐!
<いとうせいこう>

マンドリンとギターだけで、このグルーヴと高揚感を醸し出すとは恐れ入った。
アクースティックミュージックの究極の形に、身も心もスカッとする。
二人の若きツボ師に乾杯!
<チチ松村(ゴンチチ)>

TARO&JORDAN ブルーグラス超絶技巧のフラットマンドリン奏者井上太郎と、カナダのジュノ・アワード受賞やグラミー賞 にもノミネートされた強烈アイリッシュビートのギタリスト、ジョーダン・マコンネルによる今、最も重要なアクースティックデュオ。生音グルーヴがぶつかり合う高揚感とスリリングな演奏で会場を揺さぶる!


 

 

 

2015 年9月19日(土) 

10:00-16:00 グリーンモーニング音縁日 (浄智寺拝観料)
17:00-19:30 御堂ライヴ (¥3,000)

交通アクセス:北鎌倉駅より徒歩10 分
※お車でのご来場はご遠慮ください。

 昨年9 月に鎌倉とナッシュヴィルがパートナーシティーになりました。どちらも音楽を愛する街。そのご縁を記念した催しです。鎌倉に親しみ集う仲間たちの音楽と、歴史が刻まれた鎌倉の音楽。そしてアパラチアの山々で生まれたルーツミュージックを愛する人の音楽。マーケットやワークショップと共に家族で楽しめる音の縁日です。

 

 

【御堂ライヴ】

17:00-19:30 繋がる音楽charge ¥3,000
鎌倉の音楽家とルーツミュージック

恵温和尚のお話:「鎌倉音縁日」にちなんで「縁」のお話。

suemarr
ギターとバンジョーの引き語り。オリジナル曲と共に、

古いアメリカの歌も歌い継ぐ。

坂麗水
薩摩琵琶奏者。琵琶は鎌倉にも縁が深く、
パートナーシティーとなった記念に
ナッシュビルでも鎌倉を代表して演奏。

Angel’s Noyze
鎌倉在住の黒澤邦彦(タール、マンドーラほか)と、
うらかわ ゆき(ヴォーカル)。
ケルトや地中海沿岸地域といった
世界の文化の礎ともいうべき部分への憧憬が
その音楽には色濃く反映される。

special guest! TARO&JORDAN
ブルーグラスのフラットマンドリン奏者井上太郎と、
カナダのジュノ・アワード受賞やグラミー賞にもノミネートされた
アイリッシュビートのギタリスト、ジョーダン・マコンネルによる
アクースティックデュオ。
生音グルーヴがぶつかり合う高揚感とスリリングな演奏!

【グリーンモーニング音縁日】

※グリーン・モーニングは月に一度開催される音楽とマーケットの催し。

10:00-16:00 ※要・お寺拝観料

・グリーンモーニングライヴ:グリーンモーニングカマクラに集う
ミュージシャンのライヴ。

出演:サバサンド( ジャグバンド)、安部家(歌とマンドリンデュオ)、
村田食堂( 古き良き音楽)、タマシロマーケット(アイランド・フォーク)、
Red Ginger(ブルーグラス)、uppon( COBAKABA 店主/ ミュージシャ
ン)、慶応大ブルーグラス研究会( ブルーグラス) など

・グリーンモーニングマーケット:地元を中心とした飲食いろいろ。

出店:テールベルト× カノムパン( パン・軽食)、Goatee( ドリンク、
焼き菓子等)、廣瀬スワン珈琲(コーヒー)、ヤマウシ小屋(お食事)、
菊地洋菓子店(焼き菓子等)、べつばらドーナツ、鎌倉薬膳アカデミー
( 薬膳食材)、COBAKABA( 軽食)、KAMAKURAX(Tシャツ等)、
耳日商店( 雑貨、食材)、山本餃子(軽食)、ONARIYA(お弁当) など
*恵温和尚のカレーもあるかも

・音を感じるワークショップ

*定員ありますので、ご予約ください。
10:00-Rica Yoga: ヨーガで体を動かしながら、アクースティック
ミュージックを身体で感じよう。(マンドリン/ 井上太郎)
11:00- はなてるさんの音楽灯籠ワークショップ:音をイメージした
文字や模様を描いて、灯籠に。夕方から階段を照らします。
14:30- お寺でギターワークショップ:講師にジョーダンマコンネル
を迎えて。初心者でも気軽にどうぞ。ギターの貸し出しあり(※要予約)

《問い合わせ》

ワークショップ、御堂ライヴ予約
info@rootsmusic.jpn.com
(内容、人数、お名前、電話番号を送信してください)

主催:鎌倉ナッシュヴィル友好協会
後援:鎌倉市協賛:鹿島建設株式会社
協力:黒澤楽器店 Martin Guiter

総合 : www.rootsmusic.jpn.com


Appalachian Voice 

<7/25(土)・7/26(日)>

photo: Appalachian Mountain
photo: Appalachian Mountain

オースザンナから赤とんぼ、カーターファミリーのキャノンボールブルースまで。

ノースキャロライナ州アッシュヴィルからきたオールドタイムフィドルを弾き、ピードモントブルースを歌うアーニャ・ヒンクルの生演奏と、その楽曲の歴史や背景を感じることのできるトーク&ミュージックショーです。

7/25(土)はラジオやNHKなどでお馴染み、ピーター・バラカン氏の案内で、ブルーグラス月刊誌編集長の渡辺三郎氏とアパラチア山脈のアッシュヴィルからミュージシャン、アーニャ・ヒンクルをゲストにお送りします。@代官山 晴れたら空に豆まいて

7/26(日)は渡辺三郎氏とアーニャ・ヒンクルの二人で鎌倉に登場することが急きょ決定しました!@鎌倉 Cafe Goatee

//////////////////////////////
7月25日(土) 代官山 晴れたら空に豆まいて
Appalachian Voice 
~アメリカンロック / ポップの源流 アパラチアの音楽とは?~
出演:ピーター・バラカン
    渡辺三郎
    アーニャ・ヒンクル(fiddle, guitar, and vocal)
開場:18:30 / 開演:19:30
前売:¥3,000 / 当日:¥3,500 *共に1drink要オーダー
メール予約:http://mameromantic.com/?p=85
※整理番号順入場
会場:晴れたら空に豆まいて
代官山駅 正面口より徒歩30秒
東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2
//////////////////////////////
7月26日(日) 鎌倉 Cafe Goatee
Appalachian Voice 鎌倉編
~アメリカンロック / ポップの源流 アパラチアの音楽とは?~
出演: 渡辺三郎
    アーニャ・ヒンクル(fiddle, guitar, and vocal)
開場:12:00 / 開演:13:00
前売:¥2,500 / 当日:¥3,000 *共に1drink要オーダー
メール予約:info@ann-grassroots.com
会場:Cafe Goatee
鎌倉駅より小町通を3分 東洋食肉店を右折
神奈川県鎌倉市小町2-10-7 ストロービル3F
/////////////////////////////

Appalachian Voice

~アメリカン ロック / ポップの源流  アパラチアの音楽とは?!~

ピーター・バラカン / 渡辺三郎 / アーニャ・ヒンクル

 

7月25日(土) 代官山 晴れたら空に豆まいて

http://mameromantic.com

開場 18:30 / 開演 19:30

前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500 (1drink別)

メール予約 http://mameromantic.com/?p=85

電話予約 http://mameromantic.com/?p=55

(※整理番号順入場)

 

出演 : ピーター・バラカン / 渡辺三郎
ゲスト : アーニャ・ヒンクル

 

音楽は日常生活の中にある。特別なものではなく、誰もが楽器を弾き、歌う。

音楽と生活が共存し、夕食後にあるような光景、「バックポーチ ミュージック」として伝承されているその音楽は、南部アパラチア山脈の山の中に生まれました。そしてそれは継承され、いつの間にか特別な人の手で普遍性をもち、ポップ音楽と化す。……ポップやロックなど、英米系大衆音楽の源流であるアパラチア音楽を、ピーター・バラカンと、ブルーグラス専門月刊誌『MoonShiner』編集長の渡辺三郎がご紹介します。

ゲストには、アメリカの東側を走る大アパラチア山脈の南部、ノースキャロライナ州からアーニャ・ヒンクルを迎え、その土地に伝わるフィドルを弾き、その裾野に広がる高原地帯ピードモントのブルースを歌います。日常の中で彼女が娘さっちゃんに楽器を、歌を聴かせている。……そんな生活の中にある音楽、「バックポーチミュージック」をトークとともに紹介します。

10月24日~25日に開催される「Peter Barakan's LIVE MAGIC!」にも出演が決定した「Sara Watkins, Sarah Jarosz, and Aoife O'donovan」の音楽ルーツ、ブルーグラスの真髄を探訪するのにもオススメなイヴェントです!

総合問合せ : info@ann-grassroots.com

TARO&JORDAN

◆アメリカのルーツ・ミュージックも世代交代をしています。これまでの伝統的な部分をしっかりとマスターした上で今の感覚を取り入れた若いプレイヤーが次々と頭角を現しています。そんな中で、ブルーグラスを出発点にマンドリン奏者として引っ張りだこになりつつある井上太郎と、パンクに近い勢いを持ったアイリッシュ系のギタリスト、ジョーダン・マコネルのデュオはあっという間にどんどん力をつけてきて、実に息の合った刺激的な演奏をしています。<ピーター・バラカン>

◆このめくるめく弦の嵐! <いとうせいこう>

◆マンドリンとギターだけで、このグルーヴと高揚感を醸し出すとは恐れ入った。アクースティックミュージックの究極の形に身も心もスカッとする。二人の若きツボ師に乾杯! <チチ松村(ゴンチチ)>

◆タロー&ジョーダンは“知る人ぞ知る“素晴らしいミュージシャンです。 この夜のライブは最高でした。 パフォーマンスがちゃんと成立している事は喜びです。 質がイイのです。<毎日新聞 角淳一のおとなの駄菓子屋より>

TARO&JORDAN  ブルーグラス超絶技巧のフラットマンドリン奏者井上太郎と、カナダのジュノ・アワード受賞やグラミー賞 にもノミネートされた強烈アイリッシュビートのギタリスト、ジョーダン・マコンネルによる今、最も重要なアクースティックデュオ。生音グルーヴがぶつかり合う高揚感とスリリングな演奏で会場を揺さぶる!

「マンドリンとギターだけで、このグルーヴと高揚感を醸し出すとは恐れ入った。 アクースティックミュージックの究極の形に、身も心もスカッとする。 二人の若きツボ師に乾杯!」
<チチ松村(ゴンチチ)>

「タロー&ジョーダンは“知る人ぞ知る“素晴らしいミュージシャンです。 この夜のライブは最高でした。 パフォーマンスがちゃんと成立している事は喜びです。質がイイのです。」
<毎日新聞2013年2月16日掲載 角淳一のおとなの駄菓子屋より>


TARO/ 井上太郎 (flat mandolin)   JORDAN/ ジョーダン・マコンネル (guitar)   / photo by Jin Miura


Casey Driessen @ TEDxAsheville


Pacific Rim Acoustic All-Stars 環太平洋音楽団